17日 5月 2018
5月だというのに30度を超える暑さ。たまりませんね。この暑さを逃れ伊豆の渓流に行ってきました。 今回も20㎝の撮影用水槽をはみ出してしまいました。もっと大きな水槽を買わないといけないですね。この魚は昨年放流されたようで鰭はすでに元に戻っており、もう少しで天然魚です。伊豆の川ってアマゴが多いですね。ちなみに写真の渕で釣りました。ここなら釣れないはずがありません。わたしのような素人でも・・・もちろん遊漁証は持ってますよ。
10日 5月 2018
東伊豆町にある稲取大川の河口を見に行きました。近所の人から今年は大量のアユが集まっているという連絡がありました。この川には産卵場はないばかりか、すぐ上流に落差工があり、それ以上の遡上は困難です。これらのアユは近くの川から海に降り川に戻ってきてものです。このままではえさ不足ですべて死んでしまいます。近くの川に汲み上げ放流してあげられないものでしょうか。
08日 5月 2018
いつも私たちの業務を一生懸命支援していただいている静岡県水産技術研究所が改築となり、その開所式に出席してきました。川勝知事をはじめ県下の多くの水産関係者の方々が集まり盛大に開かれました。新しい研究所は研究室だけでなく展示室も整備され、その見学だけでもなかなか楽しめる場所です。素晴らしい成果を上げていただき、これからの内水面漁業のご指導をよろしくお願いします。
06日 5月 2018
連休に伊豆の川に渓流釣りに行きました。海から50mくらいのところで鰭ピンが釣れました。20㎝の撮影用水槽に入らず、しっぽが飛び出てしまいました。23~24㎝というところでしょうか。海から近く、さえぎるものもないことから、もしかしてサツキマスではないかとすぐに鱗を調べてみました。残念ながら海に降りた形跡はなく、天然魚が流されながらたどり着き、幸いにもここまで育ったものと判断されました。伊豆の川って海の近くでこんな大物がいるんですね。ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。遊漁券もすぐ近くの釣具屋さんで売っています。お忘れなく。
30日 4月 2018
ゴールデンウィークの真っただ中、伊豆半島東部の川に渓流釣りに行きました。大きな岩と豊富な水量が特徴のこの川で、友人が20㎝のヒレピンを釣りました。終わりごろ、尺サイズをかけましたが、残念ながらばれてしまいました。ミノーで入りましたがチェイスは多く、まだまだ釣れそうでした。数日前の増水の後にはほぼ入れ食い状態で27cmがでたとのこと。伊豆の川って天然魚が多いんですね。この日の日券は1000円でしたが、これくらい気持ちのいい日に1日遊んで1000円なら安いのかな。
27日 4月 2018
県東部の漁協を対象にした研修会が開催されました。アユの解禁に向けて、基本に戻って条例や遊漁規則について学びました。多くの遊漁者の方々と向き合う監視員の皆さんの意気込みが伝わってきました。この研修会は今後、中部や西部の漁協を対象に順次開かれていきます。
12日 4月 2018
都田川にウナギのすみかを増やすために設置されている石倉かごの調査に参加しました。これは1年前にウナギのすみかを増やそうと設置されたもので、かごの中に入っている1トンあまりの石を手作業で丁寧に取り除き、中の生物を取り出しました。ウナギが3尾、大きさも50㎝っくらいから20㎝弱の子供まで採集されました。役に立っているんですね。それ以外には10種類程度の魚やエビも採集され、ビワヒガイ(上)やカワアナゴ(下)など珍しい種類もいました。いつまでも生物たちの安らぎの場になって欲しいものです。
02日 4月 2018
大井川で今年初めての放流が行われました。今年は天然遡上が多く、6月の解禁が楽しみです。今年はいっぱい釣るぞ~
29日 3月 2018
ダムで途切れた上流に汲み上げ放流するための種苗の採捕が始まりました。岸沿いを伝わって遡上してくる稚アユを”ぶったい”を使って少しづつすくい上げています。この方法で100kg単位で採捕します。アユが入ると魚が網にぶつかる振動を感じてわかるようで、1分おきくらいに様子を見ていました。結構大変な作業です。周りではカワウが群れで一生懸命稚アユを食べており、追い払ってもすぐに集まってきます。魚がいるから集まっているのですが、食べないでほしいです。
27日 3月 2018
河津川水系の谷津川の調査に参加しました。ここは温泉の余り湯が川に入っており、水温が周囲の川よりも高いため、珍しい環境になっており、伊豆半島では見られないような生態系が保たれています。採集された魚は、オイカワ(写真上)やカワアナゴ(写真下)など伊豆で見られる種に加え、南方系の魚などの棲息も確認されました。しかし、近年の河川改修で生息環境は大幅に悪化し、このままではこの貴重な生態系が保たれなくなってしまう危険性を感じました。住民の安全と貴重な生態系の保存の両立という非常に難しい問題を抱えていることが明らかになっています。よい提案はないでしょうか。

さらに表示する